世界一のバンジージャンプ

2009年、マカオに行ったときに
マカオタワー、地上223mの展望台から
バンジージャンプをした時のお話し。

もともとはマジシャンShoとの話しから始まりました。

ボ「今度マカオにも行くねんけど、バンジーやろかなぁ」

sho「ハタさん、無理です! あれ絶対無理ですよ!」

ボ「そんなことないやろ、死ぬわけやなし。」

sho「いや、絶対無理ですって! もし飛んだら5千円払います。」

ボ「ええよ、飛べんかったら5千円払うわ。」

こんな軽い感じで5千円賭けて
マカオタワーに行ったのですが・・・

展望台の高さは、223メートル。
もっとも高い所からのバンジージャンプとして
ギネス記録にもなってるそうで。

でももっと高いと思ったのが、そのバンジーをやる為の料金でした。

確か2,170香港ドルだったか、当時のレートで日本円にして2万円以上の値段!

「何でこんなお金払って、わざわざ怖い目にあわないかんねん???」

「飛んで5千円貰っても割りに合わんし・・・止めよ。」って思ったんですが・・・

 でも、逃げたって思われたくない・・・
 でも、2万円はあかんやろ・・・
この値段の高さは十分止める理由にはなるけれどと、散々迷いに迷ったけど

やっぱりどうしても逃げたって思われたくない気持ちが勝って
清水の舞台から飛び降りる気持ちで(←何かおかしい・・・)チケットを買いました。

ジャンプ台に立って下を見た時はさすがに怖かったし
何で2万円以上もの費用を出して、そこのスタッフとはいえ
その日初めて会った、見ず知らずの外国人を信じて
223mものバンジーをする意味が解らなかったんですけど

そこまで行って止める氣などさらさら無く

飛んでる(落ちてる)のは、時間にしてわずか10秒ほど
「これで2万か~」って(笑)
むしろ爽快感さえ感じてました。
(↑ヤケクソともいうw)

 飛んでみてなんとなく感じたのは
 「人は生きてる実感みたいなものを、確かめたいのではないだろうか?」ということ。

 まぁ、難しい話はおいといても、これを話題にワイワイ話しができて
 みんなに楽しんでもらえるなら、2万円の投資もOKだったのではないかと。

でももう飛びませんけどね(笑)

投稿者プロフィール

ボンバーハタ
ボンバーハタ
大阪ミナミのマジックバー サン&ムーンのマジシャン+催眠術師 ボンバーハタです。目の前30㎝で起こる奇跡の数々を、美味しいお酒と一緒にお楽しみにください。カップル、お友達同士はもちろん、お誕生会、女子会、忘年会、歓送迎会など等、様々なシーンで皆様の大切な時間を大いに盛り上げます!